名刺作成業者のメリット

おやこ名刺の作成を専門業者に依頼するメリットは複数あります。まず、自分で作る時間や手間がかかりません。デザインのいい名刺を作るために、イラスト系ソフトの操作を勉強しなくてもいいですし、おやこ名刺を作成するためだけに、高いお金を出してパソコンやプリンタを購入する必要もないです。

名刺のデザインテンプレートまた、名刺作成業者にお願いする場合には、初心者が自作する場合と比べて選択肢が豊富です。
数多くのデザインテンプレート、二つ折りや半透明、プラスチック、メタリックパールなどの用紙、四隅が丸い角丸や指定箇所の切り抜き・変形、金・銀の特色印刷、好きなサイズでの裁断などのオプション加工も可能です。
親子の画像ではなく似顔絵を載せる、業者で用意してあるデザインのなかからだけでなく、完全オリジナルの名刺作成に対応してくれるところもあります。

そして、おやこ名刺はネットで手に入れることが可能です。
数多くの業者があり、大量発注やリピート購入などで割引になったり、送料が無料になったりする、お得なサービスを行なっているところも少なくありません。また、スピード仕上げを売りにしているところもあるため、1日でも早くおやこ名刺が欲しいと思っている人にこのような業者は向いているといえるでしょう。

おやこ名刺のメリット

渡した相手が自分とSNSを利用している、自分と同じ趣味を持っているなど、共通点がある場合には特に話のきっかけができやすく、仲良くなりやすいのがおやこ名刺の魅力の一つです。また、電話番号、メールアドレスやSNSのURLやIDなど、口頭で伝えるには無理がある情報を、名刺ひとつで伝えることが可能です。さらに伝えたい情報をQRコードにして名刺に載せることもできます。受け取った側もその場でバタバタとスマホを取り出して操作するような煩雑さがなく、あとでゆっくり登録作業を行なうことが可能です。

また、今は子どもの名前に当て字を使用する人が多くいますが、おやこ名刺に載せる名前にフリガナを振っておくことによって、漢字が読めずに相手が困ってしまうのを防ぐことが可能です。良かれと思って付けた子どもの名前がキラキラネームなどと揶揄される時代ですが、名刺に載せる名前は漢字ではなく平仮名やカタカナにすることによって、その場で馬鹿にされてしまって不快な思いをするようなことがありません。

そのほか、おやこ名刺には子どもの持っているアレルギーの情報も載せておくことが可能です。友達の家に子どもが行ったとき、事前に友達の母親におやこ名刺を渡してあれば、アレルギー反応を起こす食事を与えないよう、相手が気遣ってくれることにも繋がるでしょう。

おやこ名刺の使い方

名刺おやこ名刺を渡す機会はいろいろとあります。
乳児健診、公園、幼稚園、保育園、小学校、習い事など、初対面の母親のほか、これまでに何度か顔を合わせたり喋ったりしたことがあり、もう少し距離を縮めたいと思った母親がいるときに渡すことが多いです。
子ども同士が仲良くしていて、相手の子どもの母親に挨拶したいときにも、○○の母親ですといっておやこ名刺を渡すと自然な流れで会話をしやすくなります。
名刺を見た母親が内容を見て共通の趣味があるなどすると、話は盛り上がりやすくなり、仲良くなるよいきっかけになります。

なお、おやこ名刺を渡すのには不適切な場面もあるため注意が必要です。あくまでもおやこ名刺は母親同士が交流するためのツールであり、たとえばビジネスシーンなどの改まった席で渡すのはふさわしくありません。おやこ名刺がプライベート用であるということは、しっかりと頭に入れておきましょう。

また、入園式や入学式など初対面の母親が大勢いる状況で、全員に配ってまわるというのも、あまりおすすめはしません。おやこ名刺は名前だけでなく連絡先などの個人情報が載っています。不特定多数の人に配ってまわると、そのなかに悪意のある人がいれば、名刺に記載されている個人情報を悪用されてしまう可能性があります。

おやこ名刺とは?作り方は

おやこ名刺はママ名刺やママ友名刺という別名がある名刺であり、母親同士の円滑な付き合いを目的に渡す名刺のことをいいます。主にはじめて顔を合わせる母親同士でコミュニケーションをとるときの便利グッズとして、好評を博しています。ビジネスの名刺とは異なり名詞に載せる内容は自由度が高く、親子の名前や画像、連絡先、SNS、ブログ、QRコード、趣味、出身地など、好きなことを載せることが可能です。名刺のデザインも自由に決めることができます。

名刺の自作作り方は主に2種類。おやこ名刺を自作する方法と、名刺作成業者に依頼する方法とがあります
自作する場合にはPC、プリンタ、名刺用紙、作成ソフトが必要になります。
名刺用紙は安っぽく見えない厚い紙や透明の紙などがあり、切り口がミシン目になっているものだけでなく、台紙からはがすだけで切り口がなめらかなものがあります。
ソフトは無料の作成ソフトもあり、テンプレートが用意されていて、ホームページ上で操作が可能でインストール不要、簡単操作で初心者でもおやこ名刺作りが楽しめます。

好みのテンプレートがなかったり、パソコンやプリンタがなかったり、イラスト系のソフトの扱いが苦手で上手に作る自信がなかったりする人は、名刺作成業者におやこ名刺の作成を依頼しましょう。業者は高いのではと思う人もいるでしょうが、ある業者では100枚で1,500円~と安く、ほかの業者も最安値はおおむね変わりません。プロによるハイクオリティな名刺が手に入ります。

当サイトではおやこ名刺の使い方や、おやこ名刺を作るメリットをご紹介します。新しく多くの母親と顔を合わせる機会が今後やってくるという人は、ぜひ別のページの内容もチェックしてみてください。